入れ歯-やまがた歯科デンタルクリニック

こだわりの入れ歯

入れ歯

全ての症状に対応可能な万能選手「入れ歯」

何らかの理由で歯を失ってしまった場合にはその部分を補う必要がありますが、
失った歯を補う方法には主にインプラント、ブリッジ、入れ歯があります。
※インプラントについてはインプラントのページで詳しく解説しています。 最近は歯を失った際の第一選択としてインプラントが選択されることも多くなってきていますが、
手術に不安をお持ちの場合や、顎の骨の状態・持病などの理由によってインプラントが適さないこともあります。 しかし入れ歯の場合は、様々な種類がありますので、全ての症例に適応できるというメリットがあります。

入れ歯をあきらめていませんか?

入れ歯は様々な症例に適応できる万能選手である反面、 「痛い」「はずれる」「噛めない」など、入れ歯で悩んでいる人は1000万人以上いると言われています。 入れ歯で一番気をつけないといけないのは、合わない入れ歯をそのまま使っているとアゴの骨が痩せてきて、「痛い」「はずれる」「噛めない」などのトラブルが出てきてしまうということです。 しかもアゴの骨が痩せると入れ歯はますます合わなくなり、トラブルも大きくなるという悪循環に陥ってしまいます。

こうした合わない入れ歯を使っている人の多くが、
「入れ歯は噛めないもの」
「歯を失った以上、仕方がないこと」
と、入れ歯でおいしくものを食べることを諦めてしまっています。 これはとてももったいないことです。

おばあさん

歯科医療は日々進歩しており、 現在は技術のある歯科医師・技工士が丁寧に制作をすれば、ピッタリ合う入れ歯を作ることが可能です。 ピッタリ合う入れ歯であれば食事もおいしくとることができますし、 骨が痩せるリスクも最小限に抑えることができます。 ピッタリ合う入れ歯に出会うためには、まず患者さん自身が合う入れ歯と合わない入れ歯の違いについて知ることが第一歩となります。

当院の、入れ歯作りの5つの「こだわり」

入れ歯で悩んでいる人は1000万人もいると言われていますが、 入れ歯は噛めない、外れる、うまくしゃべれないものなのでしょうか? 決してそんなことはありません。 技術のある歯科医師・技工士が丁寧に制作をすれば、必ずあなたに合ったピッタリの入れ歯を作ることができます。 当院では以下のようなこだわりを持って入れ歯を制作しています。

印象を2回とります

印象

印象というのはお口の型を採ることです。
この型をもとに入れ歯を作ることになります。 つまり、この型が正確にとれていなければピッタリ合う入れ歯を作ることは決して出来ません。 ピッタリ合う入れ歯を作るためにはまず、正確な型をとることが第一歩ですので、当院では印象を2回行い、より正確にとれたほうの型を使って入れ歯を制作していきます。

セラミックの歯を使用

セラミックの歯

入れ歯に付ける歯には様々な素材がありますが、当院では保険の入れ歯の場合でも通常使われている「プラスチック素材」ではなく、「セラミック素材」の歯を使用しています。 プラスチック素材の歯は磨耗しやすく、磨耗するとどんどん噛みにくくなり、噛み合わせも悪くなってきてしまいますので、当院ではどうしてもセラミックの歯が使えない場合を除いては、使用していません。 その点セラミック素材の歯はほとんど磨耗せず、よく噛める、長持ちするということから利用しています。

 

完成後の調整は「咬合器」で行います

入れ歯は完成後に、患者様のお口に合うように調整が必要です。 通常入れ歯の調整は患者様のお口の中で直接行うのですが、そうするとどうしても診療時間が長くなり、患者様にも負担をかけてしまいます。 そこで当院では、あらかじめ「咬合器」という機械上で入れ歯の調整を行い、出来る限り患者様の負担を減らす努力をしています。

完成後の調整は「咬合器」で行います

入れ歯は完成後に、患者様のお口に合うように調整が必要です。 通常入れ歯の調整は患者様のお口の中で直接行うのですが、そうするとどうしても診療時間が長くなり、患者様にも負担をかけてしまいます。 そこで当院では、あらかじめ「咬合器」という機械上で入れ歯の調整を行い、出来る限り患者様の負担を減らす努力をしています。

【フェイスボウトランスファー】

体の正中と咬み合わせの平面が垂直かどうかを調べます。

フェイスボウトランスファー

【咬合器で上下のアゴの位置を再現】

身体の中心線(黒線で表示)から見た噛み合わせの傾き・ズレを調べます

咬合器で上下のアゴの位置を再現

この模型の患者様は、左右のかみ合わせの高さが違っています。 向って右側のかみ合わせが高い為に、赤線のように傾いています。 左右の傾きが水平になる位置。 それが、その患者様本来の噛み合わせバランスとなります。 「噛み合せがそんなに重要なの?」と思うかもしれませんが、入れ歯作りの工程として避けては通れないものです。なぜならば、噛み合せが悪いことが原因で、腰痛・頭痛・肩こり・目まい・不眠・便秘などの症状が出ることもあるためです。

目立たない工夫、動かない工夫

入れ歯の大きなデメリットとして「金属のバネが目立つ」ということがありますが、最近では患者様のニーズに合わせた留め金の無い入れ歯など、新しい入れ歯が次々に開発されています。 当院では、昔から安定した性能を誇る「金属床(チタン・コバルトクロム)」はもとより、金属のバネがなく目立たない「ノンクラスプ義歯」、目立たず、入れ歯をしっかり固定するミニインプラントを利用したMDI治療を採用しています。

目立たない工夫、動かない工夫

【ノンクラスプ義歯】

従来の入れ歯は「金属のバネ」で入れ歯を固定していました。

しかし、このバネは目立つため、「入れ歯を入れていることがわかってしまう」という欠点がありました。しかし、当院で採用しているノンクラスプ義歯にはこの「金属のバネ」がありませんので、入れ歯を入れていることに気づかれることはほとんどありません。 30代・50代の女性、そして今まで金属のバネに悩まされていた方に非常に好評を頂いております。

【MDIミニインプラント】

MDIミニインプラント(mini direct implant)とは、通常のインプラントに比べてかなり細いインプラントを埋め込み、それを固定源として入れ歯を安定させる治療法です。

歯ぐきを切開せずにインプラントを埋め込みますので、ほとんど痛みも無く短時間で治療が終了します。その為、お年寄りにも負担がかからないので安心して治療を受けて頂くことができます。

「入れ歯が動いて不快感のある方」
「硬いものやひっつくものを普通に食べてみたい方」
「入れ歯が落ちたり動くのを気にせず思いっきり会話をしたり、笑ったりしたい方」
「金属のバネが気になる方」

このような方に是非このMDIミニインプラントをお勧めします。

MDIミニインプラントをお勧め
  1. 1回の治療で終了します
  2. 麻酔をするため痛みはほとんどありません
  3. 歯茎の切開は行いません
  4. 治療後すぐに食事が出来ます
  5. 入れ歯が動かなくなります
  6. 入れ歯の着脱が自由なので清掃が容易です

ピッタリと合った入れ歯は「アンチエイジング」の効果があります

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話しを良く聞くと思いますが、これは多くの場合「合わない入れ歯」が原因となっています。 入れ歯が大きかったり、小さかったりすると、顔の輪郭が変わってしまいます。
この輪郭の変化がシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長することがあります。 ピッタリ合う入れ歯を使うことは、「痛くない、しっかり噛める、はずれない」といった機能面だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美面にまでも影響してくるのです。

両親へ「ピッタリ合った入れ歯」を贈ってみませんか?

ピッタリ合う入れ歯は「ちほう防止」 にも大きな効果があります。

アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いという統計もありますが、これは、顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させることが影響していると考えられています。

例えば身近な例えとして、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むと眠気が覚めるということがあります。これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛むことで脳に新鮮な血液を送りこまれ、脳が活性化して眠気が覚めるというメカニズムです。

合わない入れ歯を使っているとよく噛めないため脳への血流量が減少しすることから、「合わない入れ歯はちほうへの一里塚」とも言われます。 このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子さんが来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。 もしご両親が入れ歯で悩んでいる場合は、お気軽にご相談ください。

ピッタリ合った入れ歯

| HOME | 診療案内 | 院内ツアー | スタッフ紹介 | アクセス | お問い合わせ |
| インプラント | 審美歯科 | 歯周病予防 | 精密治療 | ほんだ式口臭治療 |
| ホワイトニング | こども歯科(小児歯科) | 入れ歯 | 虫歯治療 | 無痛治療 | 8つのいいところ |