こども歯科(小児歯科)

院長からのメッセージ

当院の、お子様をお迎えするための体制

お子様に治療の無理強いは致しません。

医院によっては、嫌がる子供を拘束して治療を進めたりする こともあります。
状態によっては、どうしても治療をしなければならないこともあるかもしれません。

しかし、当院ではお子様の人格を最重要視し、無理の無い治療体制をとっています。
無理に治療すれば、お子様もいやに決まっていますし、その時の思いが、
後々の歯医者嫌いにつながってはいけません。
実は、毎日の歯磨きだけでは、虫歯・歯周病を予防することはできません。
毎日の歯磨きと、フッ素塗布、キシリトールコントロールと定期的な歯科医院での
クリーニングを行う事ではじめて予防が確立します。

つまり、歯医者嫌いになってしまうと治療だけでなく、予防に対しても悪影響が出てしまいます。
そのため、将来的に虫歯・歯周病で歯を失う可能性は大きくなってしまうのです。 お子様でも、しっかりコミュニケーションをとることで、理解を示してくれ治療に協力してくれるようになるものです。

乳歯の治療の必要性

乳歯の治療の必要性

乳歯はいずれ大人の歯に生え換わるから、虫歯になっても大丈夫?

そのようなことはありません。
少し専門的なお話しになってしまいますが、乳歯には非常に大きな役割が与えられています。

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。
生え換わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。
虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。 そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。


また、乳歯が虫歯になってしまった場合、その歯の周囲は虫歯菌に汚染されています。 そこに生えたてホヤホヤの永久歯が出てきたらどうなると思いますか? 永久歯といいましても、生えたての時期は乳歯と同じくらいに弱いのです。
当然、虫歯リスクは高まります。 子供の歯はすぐに生え換わるから、虫歯になっても問題ないという考えは非常に危険であることを認識して下さい。

虫歯の原因菌から子供を守る3つの方法

正しい知識があれば、子供への感染時期を遅らせることが可能です。 感染症対策には、次の3つの方法が効果的です。

3ヵ月ごとの定期検診

どんなにきれいにお子様が磨いたつもりでも、絶対に歯には汚れが残っています。 歯の磨き方はくせなので、毎日同じところに汚れが残ってしまい、そこから虫歯になってしまいます。 1日3回、1ヶ月で90回分の汚れ、3ヶ月で約270回分以上の汚れが残ってしまいます。 そのため、3ヶ月ごとの定期検診によるクリーニングはとても大事になってきます。

フッ素ミネラル塗布

フッ素塗布により、エナメル質を強化し、初期の脱灰(初期虫歯)を再石灰化して、健康な状態に 戻す作用があります。また、フッ素自体に細菌の酸を抑制する作用も報告されて います。ミネラル塗布は、以前はフッ素塗布だけで十分とされてきましたが、ミネラルの塗布により、再石灰化をかなり促進させる作用があり、歯の健康維持にはとても大切です。

シーラント填塞

歯の噛む面にある溝はとても複雑で深く、特に生え変わったばかりの奥歯は溝がとても深
く、ブラッシングだけでは虫歯の予防は不可能です。シーラントは奥歯の溝を樹脂で埋め
る虫歯予防法です。乳歯から永久歯に生え変わったタイミングで治療すると効果的です。

お子様の歯並び。何か気になりませんか?

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことが あります。歯並びの矯正は遅くなれば、それだけ治療が難しくなります。 その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることができます。このことを咬合誘導と言います。

咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、無理矢理歯を動かしたりといったものでは ありませんのでご安心ください。早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、 場合によっては大人の歯の矯正治療が必要なくなることもあります。咬合誘導の治療はその時期によって違います。

この時期に気を付けなければならないことは、虫歯にならない事です。歯と歯の間が虫歯になったり、虫歯で歯を抜い
たりすると、その空いたスペースをつめるように奥の歯が少しずつ前に移動してきて大人の歯が生えるためのスペースを無くしてしまいます。 そうなると、おかしな方向から大人の歯が出てくる原因となります。 虫歯でやむを得ず抜歯する場合には大人の歯が生えるまでそのスペースを確保する装置(保隙装置)を入れることで対処します。

大人の歯への生え替わりの際に、子供の歯がうまく抜けず残ってしまうことがあります。 この場合、大人の歯が子供の歯をよけて生えてきてしまうため本来の場所よりも外側に生えたり、内側に生えたりします。 大人の歯が見えてきているのに乳歯が残ってしまっているような場合は、乳歯を抜歯することで対処します。

床矯正

床矯正について

歯を抜かずにキレイな歯並びに

当院では、床矯正(しょうきょうせい)という装置を使い、矯正治療を行っております。 この治療法は、皆さんご存じの金属の装置を歯に付けて行うものではありません。

入れ歯のような特殊な装置を使うのですが、その装置にはネジが組み込まれており、それを巻くことにより、歯に力を加えてあごを広げて、歯が適切に並ぶスペースを作りだす治療法です。 一般的な矯正治療は「歯を動かす」という考え方ですが、当院が採用している治療法は「顎を広げる」という考え方 であって一般的な矯正治療とは根本的に異なります。

「床矯正」は体の健康のため

矯正治療は単に「歯並びを美しくする」というだけでなく、 「体の健康」に直結しています。 歯並びが悪い場合は、概して「噛み合せ」も悪いと言えます。 噛み合せが悪いと、次のような症状が出ることがあります。

  • 腰痛・肩こり
  • 鼻づまり
  • 目まい・頭痛
  • 不眠
  • 下痢・便秘
  • いびき
  • 歯ぎしり・かみしめ

当院では、一般的に考えられる、 「もう少し様子を見よう」、「お金もかかりそうだし、今すぐ不都合があるわけではないからいい」 といったハードルを下げるために、負担の少ない床矯正を採用しております。 「お口の美しさ」と「体の健康」をもっと手軽に享受してください。

手軽に始められる床矯正

床矯正は一般的な矯正治療に比べて、 「簡単」「手軽」「経済的」 です。

多くの方は、一度は矯正治療を受けようと考えたことがあるようです。 しかし、実際には「見た目」「金銭面」などで先延ばしになっている方が多いです。 しかし歯科医師の立場として言うと、 こうした判断は逆に非常に大きな不利益を被る可能性もあります。

床矯正治療は一般の矯正治療に比べてとても気軽に始めることができますので、 少しでも気になったらぜひ気軽にご相談ください。 床矯正の具体的な特徴を次に紹介します。

床矯正治療の5つの特徴

一般の矯正治療と比べて、 具体的に床矯正は何が違うのかをご説明します。

歯を抜かない

歯並びが悪くなると言う事は、歯が正常に生える「スペース」がないと言う事です。 例えば、3人掛けの椅子に5人で座ろうとすると誰かがはみ出てしまい綺麗に座れないですよね。 綺麗に座ろうとするならば、椅子を5人掛けに作りなおすか、2人にはどけてもらう必要があります。 一般の矯正治療では、2人にどけてもらう治療を行います。つまり、抜歯ですね。 床矯正では、抜歯ではなく5人掛けの椅子に作りなおす治療を行います。 つまり、「顎を広げる」ということです。

目立たない

左の画像が一般的な矯正装置です。右の画像が床矯正の装置になります。 一般の矯正装置よりも格段に目立たなくなります。

矯正装置

経済的

一般的な矯正治療は80万円~200万円が相場かといわれています。 しかし、床矯正では30万円~80万円で治療が可能です。 「なぜ、このような開きがあるの?」と思われるかもしれません。 一般の矯正歯科治療は「口単位」で治療費を設定しますので、 症状が軽くても重くても費用は同じになります。 しかし、床矯正治療の場合は、「装置単位」で治療費を設定しますので、 症状が軽ければ(=少ない装置で治療できれば)それだけ費用の総額も低くなります。

取り外し可能

一般的な矯正治療では、装置の取り外しは出来ません。
そのため、虫歯・歯周病になりやすくなりますし、精神的苦痛が大きくなることがあります。 しかし、床矯正では取り外しができますので、 食事や歯磨きの時、そしてどうしても装置を外したい時は、簡単に取り外しが可能です。

誰でも、いつでも始められる

矯正は、「子供の時にするもの」という考え方がまだまだ日本では存在していますが、 そのようなことはありません。 最近では成人の方でも矯正を行う方が増えてきています。 矯正治療は、口元の美しさだけでなく、体の健康にもプラスに働きますので、 お気軽にお問い合わせください。
※永久歯がすべて生え揃う前のお子様なら、より効果的に矯正が可能となります。

床矯正Q&A

  • 痛くありませんか?
    多少の痛みや違和感を感じることはありますが、ほとんどの場合慣れてしまう程度のものなのでご安心ください。
  • 装着時間は?
    1日中装着して頂くと、より早い効果が期待できますが、家にいる時(就寝時も含みます)だけ装着していただくだけでも十分な効果があります。
  • 歯磨きは?
    今まで通りで問題ございません。
  • 治療期間は?
    症例にもよりますが、早い例では1年、平均3~4年かかります。場合によっては5~6年かかることもあります。装置の装着時間など、患者様の努力次第で異なってきます。
  • いつから始めるべき?
    異常に気付いたときがスタートラインです。もちろん成人からも始めることはできますが、なるべく早めに治療開始されることをお勧めします。
  • 矯正治療以外に歯並びを改善させる治療はないの?
    あります。

| HOME | 診療案内 | 院内ツアー | スタッフ紹介 | アクセス | お問い合わせ |
| インプラント | 審美歯科 | 歯周病予防 | 精密治療 | ほんだ式口臭治療 |
| ホワイトニング | こども歯科(小児歯科) | 入れ歯 | 虫歯治療 | 無痛治療 | 7つのいいところ |