痛くない治療への取り組み

歯医者が苦手だという人は少なくありませんが、
その大きな原因のひとつが「歯医者は痛い!」というイメージ。
確かに以前の歯医者さんは痛いというのが当たり前だったのかもしれません。

しかし現在は無痛治療のための様々な方法がわかってきており、 工夫次第で治療時の痛みを大幅に軽減させることが可能になっています。

当院では全ての患者様に極力痛みの無い治療を受けて頂くため、 様々な無痛治療への取り組みを行っております。


電動注射器

急激に麻酔薬が注入されると痛みを感じてしまいますが、当院で使用している電動注射器は、最も痛みの少ないスピードで麻酔薬が自動的に注入されるようになっています。

電動注射器

表面麻酔

針を刺すときの痛みを軽減させるため、事前に表面麻酔を刺入部位に塗布し、十分に効かせてから麻酔をします。表面麻酔を使うことで、針を刺すときのチクッという痛みをほとんど無くすことができます。

表面麻酔

表面麻酔シール

局所麻酔薬含有のシールで、これを注射する部位にあらかじめ貼っておくことで皮膚の表面が麻痺し、針を刺す時の痛みを感じなくさせることができます。

表面麻酔シール

麻酔カートリッジウォーマー

当院では麻酔ウォーマーであらかじめ麻酔薬を人肌まで温めてから、使用しています。 麻酔薬の温度と体温の差があると痛みを感じやすくなります。

麻酔カートリッジウォーマー

一番細い針

注射の針の太さにも様々なものがありますが、当院では現在最も細い直径0.2mm(33ゲージ)を使用しています。 (左が一般的な針、右が当院で使用している細い針です)

一番細い針

テクニック

痛くない麻酔のためには、歯科医師のテクニックも重要です。 当院では患者さんの苦痛を最小限にできるよう、麻酔のテクニックについても日々研鑽しています。

テクニック
”歯医者は痛い!”というのは過去の話

| HOME | 診療案内 | 院内ツアー | スタッフ紹介 | アクセス | お問い合わせ |
| インプラント | 審美歯科 | 歯周病予防 | 精密治療 | ほんだ式口臭治療 |
| ホワイトニング | こども歯科(小児歯科) | 入れ歯 | 虫歯治療 | 無痛治療 | 7つのいいところ |