虫歯治療|枚方市の歯科医院、やまがた歯科デンタルクリニック

虫歯治療

院長やまがたのメッセージ

注射が痛くない

「痛くない」歯医者さんなんてあるんでしょうか? 歯医者さんとはどうしても「痛い」「怖い」という残念なイメージが定着してしまっていますが、 実は、現在は機材や技術の進歩によりこのイメージも当てはまらなくなってきています。 当院もこの「痛くない」歯医者さんであることをここで宣言します! 治療によっては麻酔が必要な場合がありますが、 「痛み」を無くすために使う麻酔の注射がそもそも痛くては結局治療が「痛い」というイメージにつながります。 まずは、麻酔注射から痛みをなくしてしまいます。 では、どうやって「痛くない」麻酔注射をするのでしょうか。

やまがた式完全無痛麻酔法

次のような、5つのStepを踏むことで無痛注射を実現しています。

表面麻酔

注射を打つ際にも痛みがないほうが患者さまにとっては理想だと思います。そこで、注射を打つ前に、注射を打つ部分に麻酔液を塗ることで、注射時の痛みを無くすことができます。

表面麻酔

極細の針の活用

通常使用されている針よりも、もっともっと細い針を使用します。蚊に刺されても気づかないですよね。針が細ければ細いほど痛みは小さくなります。

体温までに温めた麻酔剤

麻酔剤は温くして、体温との差がないほうが痛くありません。特に冬場は麻酔剤が冷たくなるので本当に痛いのです。当院では、ちゃんと麻酔剤を体温近くまで温めてから注射をします。

ゆっくりと麻酔液を注入

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。痛みが発生しないようにゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切です。 しかし人間の手では、どうしても注入速度が一定ではないため、痛みが生じてしまう事があります。当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し、 痛みを最小限に抑える工夫をしております。

ゆっくりと麻酔液を注入

重力を利用

当院では痛くないために、ここまでこだわります。当然のことですが、麻酔剤が浸透していくときは重力の方向に浸透していきます。 無理やり押し込むのではなく、重力にしたがって自然と麻酔剤を浸透させていきます。 つまり、浸透させたい位置に患者様を誘導し、麻酔剤を注入することで麻酔がより浸透しやすくなり、 治療中、「先生!!その部分、麻酔が効いていないよ!!」ということがなくなります。ここまでやる先生は相当です。免許皆伝ものです。

可能な限り「削らない!」歯医者さん

「虫歯になっても虫歯を削ってしまえばいいや」と思っていませんか。虫歯は一度治療したら同じ場所に再発しないとは限りません。 残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。 硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。 このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、以前よりも虫歯が広がっていることになるので、さらに大きく歯を削る必要があります。 この再治療のサイクルを繰り返すことで、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯の流れをたどることとなってしまいます。

このようなことから、「いかに歯を削る量を少なくする」かが、患者さまのお口の健康を守る私たちの使命となります。

歯を削る量を最小限に抑えるための3つの工夫

"拡大鏡(サージテル)の利用

簡単に言ってしまうと、歯科用「顕微鏡」を使って歯の治療をするという事です。

右にある画像を見てください。「肉眼で見た場合」を表示しています。「肉眼で見た場合」と「サージテルを使った場合」どちらが「精密」な治療ができると思いますか?

言うまでも無いですよね、拡大鏡を利用した際の方が、大きく見ることができるので、当然こちらの方が「精密」な治療が可能になります。

すべての虫歯治療でこの機器を活用するわけではありませんが、この機器のおかげで、歯の悪い部分をピンポイントで見つけることができ、歯を削る量を最小限に抑えることに成功しています。
また、この拡大鏡は虫歯治療だけでなく、他の治療にも当然応用ができますので、全ての治療で「精密」で「丁寧」な治療が可能となります。

拡大鏡(サージテル)の利用

ダイアグノデントの利用

まだ痛くない初期段階の虫歯をレントゲンや目で見つけ出すには限界があります。痛くないし、目で見てもわからなければ虫歯と判断することはできません。 でも、そのまま放っておくと虫歯は確実に進行してしまいます。 この見えない虫歯を発見することができるのが、このダイアグノデントという機器で、 熟練した歯科医師でも発見が困難だった小さな虫歯を発見することができるようになります。 つまり、早期発見・早期対策が可能となるのです。 これにより、虫歯の拡大・進行を事前に察知し、 大きく虫歯を削る状態になる前に対策を立てることができるようになりました。

ダイアグノデントの利用

最新の虫歯治療

カリソルブ

スウェーデンで開発された、虫歯を溶解する薬を使用する方法。 薬剤により虫歯を溶解させ、その後手用器具を使って虫歯をとる。 音が苦手な方の治療には最適だが、虫歯の治療の大きさには限度がある。

3Mix-MP法

3種類の抗生剤を混ぜたものを虫歯に詰めることにより、 抗生剤の薬効作用で虫歯菌を死滅させ、歯質をほとんど削らず、虫歯を治療する方法。

Doc'sBestセメント療法

アメリカFDAの認可を得ている薬で、治療法としては虫歯をほとんど削らずに、この薬を詰めるだけ。 Doc's Bestは虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。 また、様々なミネラル成分が、脱灰して軟らかくなった歯を硬くします。 3Mixとの違いは、抗生剤ではないためカラダに害が無く、薬剤耐性菌を作らないことです。


| HOME | 診療案内 | 院内ツアー | スタッフ紹介 | アクセス | お問い合わせ |
| インプラント | 審美歯科 | 歯周病予防 | 精密治療 | ほんだ式口臭治療 |
| ホワイトニング | こども歯科(小児歯科) | 入れ歯 | 虫歯治療 | 無痛治療 | 8つのいいところ |